現在・最新~最近の菅田将暉の髪型!作り方、セット、オーダー方法など

髪型を頻繁に変える菅田将暉さんに注目してるとトレンドを掴みやすいかも!?

演技力も高く役柄によってまったく別人にみえる「カメレオン俳優」と呼ばれてる菅田将暉さん。

そう呼ばれてるのは髪型を頻繁に変えていることと関係あるのかもしれません。

プライベートでは個性的なファッションも注目されるように、髪型も個性的。

役によって必然的に髪型を変えなければいけないこともありますが、オシャレな方なので本人の意見も取り入れてるのかもしれませんね。

ここでは現在、菅田将暉さんがどんな髪型をしてるのか、最新~最近の髪型について紹介していきます。

スポンサーリンク

【現在】菅田将暉の最新髪型はマッシュウルフ

この髪型の「ポイント」

・髪型はマッシュウルフ
・襟足と耳の後ろの毛が長め
・トップやサイドは丸みを残したマッシュショート
・トップやサイドのセニングは少なめ
・重さと軽さのメリハリがある
・顔周りに髪がかかっている

この髪型の「オーダー方法」

・「マッシュウルフにしてください」
・「トップ、サイドは重さと丸みを残したショートにしてください」
・「トップ、フロント、サイドは10センチ~12センチぐらいでお願いします」
・「顔周りにレイヤーを入れて顔にかかるようにしてください」
・「後頭部から下にレイヤーを入れてください」
・「襟足は肩につく長さぐらいにカットしてください」
・「襟足から耳に繋がる箇所にも長さを残してください」

2018年最新の髪型はマッシュウルフ系のスタイルです。ドラマ『dele』に出演してる際の髪型です。

マッシュウルフはもともと女性に多い髪型ですが、メンズでも人気のあるミディアムヘアですね。

バンプ・オブ・チキンの藤原基央さんも似たようなスタイルです。

引用:https://www.oricon.co.jp/

日本、海外問わず、ロックバンドに多い髪型のような気がします。

実際に、菅田さんはバンドをやっているし、女性的な顔つきなので、すごく似合ってると思います!

それでは菅田さんのマッシュウルフを細かく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

菅田将暉:2018年最新髪型のトップ

トップはマッシュショートがベースです。ショートですが丸みを保ってますよね。

毛先に動きが見えるのでトップ・フロントはセイムレイヤー(同じ長さでカット)かもしれません。

ただ「前髪~ハチ部分」に丸さを保つことがすごく大事です。ここが短すぎないように注意しましょう。

セニングも少なめにして毛先に「ぶつ切り感」を残すことで、短いけど重さが残るスタイルが作れます。

またトップも潰れないように気をつけましょう。トップが潰れると丸さがなくなってしまうので。

つまり丸さを保つことが大切なので、

  • 「前髪」~「ハチ部分」の丸さをキープ → 横の丸みを作る
  • 「トップ」が潰れないようにする → 縦の丸みを作る

っていうことになりますね。

菅田将暉:2018年最新髪型のサイド

この写真だとシルエットしかわかりませんが、サイドの長さはトップとだいたい同じだと思います。

特徴的なのが、顔周りにかかる髪の毛。

  • 顔周りに髪をかける
  • 毛先の動きをみせる

ことで、ウルフの特徴であるアウトラインの毛先の動きが強調されます。そうすると

「襟足」→「耳後ろ」→「耳周り」→「顔周り」

すべてのアウトラインの毛に躍動感が生まれます。

スポンサーリンク

菅田将暉:2018年最新髪型のバック

肩につく長さのウルフです。

この髪型のもっとも長い部分がここかもしれません。

後頭部付近よりも「襟足付近の毛」をやや長めにカットしてもうとカッコよく決まりますよ。

また襟足~耳後ろまでの髪の毛もしっかり長さを残すことにしましょう。

襟足のみ長いとヤンキーっぽくなってしまうので(笑)

菅田将暉:2018年最新髪型のセット方法

「襟足」~「耳の後ろ」は躍動感がでるようにつまみながらセット。

「顔周り」も丁寧にスタイリングしてください。

  1. 髪全体を湿らせ、根元から空気を入れるようにドライヤーで乾かす
  2. クリーム系のワックスを中間~毛先中心に揉み込む
  3. 仕上げにハードスプレーを全体にふりかけ髪を固定させる

クリーム系のワックスは付けすぎると、菅田さんのような「クシャクシャ感」がでなくなるので注意しましょう。

【2018年現在】菅田将暉の最新髪型:まとめ

2018年現在・最新~最近の菅田将暉の髪型は、マッシュウルフ系のスタイルです。

ただ菅田さんはオシャレな方でもあり、超人気俳優なのでいろんな役を演じることもあり、髪型は頻繁に変わります。

もし菅田さんの髪型に大きな変化があったら、そのときは追記していきたいと思います。